おじさんの喫茶店の料理は、洒落感ゼロではありませんでした

私には、お気に入りの喫茶店があります。初めてそこに入った時には、初老のおじさんが料理を作っていたので、洒落感はゼロだと勝手に予想していました。しかし出された料理を見ると、洒落感がゼロどころか、とても洗練された見た目でした。
日替わりランチを注文したのですが、その日は薄焼きにしたクレープのようなパンケーキが出されました。折りたたんであり、その中にはベビーリーフや生ハムなど色合いの美しい具材が挟まれていました。そして全体に、蜂蜜のようにキラキラと光る金色のソースが、細く幾筋にもかけられていました。まるでスイーツのように可愛らしく、なおかつ味もとても良かったです。スライスしたリンゴがはさまれていて、それが良いアクセントになっていました。
このように凝った料理が出てくるとは思わず、私は食後のお茶を運んできてくれたおじさんに、褒め言葉を浴びせました。するとおじさんは、はにかみながら、フランスとイタリアで食べ歩いた経験を生かして喫茶店を経営していると教えてくれました。
私は洒落感のある料理は若いセンスでなければ作れないと思っていましたが、そういったものは、様々な経験こそが生み出すのかもしれません。海外で培ったおじさんのセンスにすっかり魅了された私は、その喫茶店の常連となりました。

喫茶店を経営するおじさんの料理やお店の雰囲気の特徴

おじさんが経営する喫茶店は、昭和を感じさせるようなレトロな雰囲気が特徴的です。そのためにメニューには昔を懐かしむ人たちが喜ぶような料理が充実しています。その中でも最も代表的なのが、スパゲティーナポリタンです。特にケチャップ風味で味付けされている点が魅力的であり、各喫茶店でレシピに特徴があります。そして喫茶店を経営するおじさんは、常連客の要望に合わせて様々なメニューを用意する点にも特徴があります。そのために歴史のある老舗であれば、メニュー数も非常に多いです。その中でもボリュームのあるメニューが大人気であり、肉料理や揚げ物を充実させているお店も多いです。また手作りにこだわるお店の場合には、食パンも店内で焼くのが一般的です。食パンはトーストとして朝食メニューとして出したり、カツサンドなどのサンドイッチメニューとして出されることが多いです。そして経営者のおじさんが店づくりにもこだわっているので、読書がしやすいお店やクラッシック音楽が聞けるお店など、その個性は非常に強いです。そのために常連客の多くが同じ趣味を持つ人たちであり、長年通っているお客さんによって支えられている側面もあります。更に飲み物にこだわるのが喫茶店の最大の特徴であり、特にコーヒーの味に自信を持つお店が多いです。その場合には注文してから豆を挽くなど、一つ一つの注文に丁寧に対応しているので、誰もがおいしいコーヒーを味わうことができます。