昔風喫茶店の懐かしさあふれる料理について

最近,昔風の喫茶店が増えてきたこともあり,当時の面影の料理を楽しむことができるようになりました。
ちょうど60代ぐらいの方には懐かしさのあふれるスパゲティナポリタンやエビグラタンを提供する店も増えております。
そもそも喫茶店は休日にゆったりとした時間を過ごす場として日本に根付いたものです。
アメリカではこのような風習がなかったため,つい数年前までは,ニューヨークでもダンキンドーナッツしか珈琲を飲む場所がありませんでした。
スターバックスコーヒーは,アメリカ人にとっても斬新な店だったのです。
しかし,日本では1960年頃から当たり前のように懐かしさが存在し,そこで料理を楽しむことができました。
昔風の店舗にしているのは,おそらく1960年代に青年だった世代を集客層としているためです。
イタリア料理店では,鉄板の上にパスタが載っかっていることは想像できないはずです。
しかし,昔風の喫茶店では,鉄板の上に載せた熱々のナポリタンと同時に当時の懐かしさを味わうことができます。
食文化は常に新しいものを求めるのではなく,温故知新であることがよく分かります。

コメントを残す

名称 *
メールアドレス *
ウェブサイト