喫茶店の軽食といえばトースト???

仕事で訪れた名古屋。
打ち合わせのために行った喫茶店で驚きました!
打ち合わせの相手に、朝食に誘われて、すでに朝食は済ませていたものの、『コーヒーぐらいなら』と思って行った喫茶店。

コーヒーを頼んだら、軽食が出てきて思わず『コーヒーを頼んだのですが?』とお店の方に『何かの間違いでは?』と思い、質問してしまいました。
それが、名古屋の常識とは知らずに・・・。

他県の方が来たら、きっと皆さん同じ思いをするのだと思います。

トーストが出てきたり、おにぎりなどの軽食が出てきたり。メニューはそれぞれのお店によって異なります。

さらに衝撃だったのは、『〇メ〇珈琲』が愛知県だけでなく他県にも進出していること。

もちろん、モーニングの時間帯の充実ぶりはすごいと思います。
さらにいうなら、トーストのメニューの充実していること。
トースト=朝食という印象が強いのですが、意外に珈琲と一緒に昼食でトーストを頼まれている方も多くいらっしゃることに先日驚きました。

時代も変わってきているのだと実感。

喫茶店ならではの軽食メニュー

本格的なコーヒーが飲めて、ゆったりとした寛ぎを与えてくれるのが喫茶店であり、豆から厳選し、挽き方や煎り方にこだわったコーヒーだけではなく、ちょっとした軽食メニューも提供されています。もちろん、飲み物に合わせた味わいであり、小腹が空いた時につまめる料理が支持されています。喫茶店で提供する物にはパンとの組み合わせが非常に多く、調理が簡単であることをはじめ、コーヒーなどとの相性が良いのも特徴となり、軽食向きと言われています。例えば、サンドイッチと一口に言っても、挟む具材やパンにも違いがありますし、ひと手間かけたホットサンドなども提供されています。もちろん、喫茶店でのメニューはテイクアウトも可能であるため、様々な場面で食事を済ませる際にもサンドイッチは便利な料理です。レタスやハム、たまごサンドなどが定番であるものの、カツサンドやフルーツサンドなども人気を集めています。また、軽食メニューとして女性から人気なのがパスタメニューであり、昔ながらのナポリタンをはじめ、ミートソースや醤油ベースとなる和風パスタなどが味わえます。男性から人気なのがカレーで、スパイスから吟味して手作りされているケースが多く、隠し味にコーヒーを加え、じっくり煮込まれた本格的な味が支持されています。さらに近年ではワンプレートメニューも展開されていたり、朝だけのモーニングメニューも腹を満たす量を抑えた内容で提供されるなど、喫茶店で食事を行う方は増えています。