最近増えているレトロ喫茶店とおじさんの集いについて

最近,都内でも昔のレトロ調の純喫茶が増えており,おじさん達が集いの場として利用する光景が多く見られるようになりました。
今までスターバックスのようなファーストフード店が都内のあちこちに設置されてきましたが,現在では名古屋を拠点とするコメダ珈琲や京都を拠点とするイノダコーヒが進出しております。
元々,喫茶店の文化は関西で発達した文化です。
関西では商談を行う際に喫茶店を使うことが多いため,おじさん達には馴染みのある場所だったといえます。
また,レトロ調が多いのは,ただ珈琲を飲むだけに利用するのではなく,客に長くくつろいでもらうための工夫です。
今後,喫茶店は若者が使用するファーストフード系とおじさん達が集いの場として利用するものの二極化されていくと予想できます。
そもそも珈琲はくつろぐ際に飲むものであり,仕事をしながらでは珈琲本来の味わいを楽しむことはできません。
高齢化社会が近づいておりますので,見知らぬどおしが集いの場として活用することが増えていくと考えられます。

コメントを残す

名称 *
メールアドレス *
ウェブサイト